〒254-0035 神奈川県平塚市宮の前7-2 MKビル2階
0463-63-3587

医師紹介

DOCTOR

ご挨拶

                                                                                                                                                  侯 ⾦成(こう きんせい)

こんにちは。こう内科・糖尿病クリニック、院長の侯 金成(こう きんせい)と申します。

慶應義塾大学病院で糖尿病専門医としての研鑽を積み、2013年から平塚市民病院で多くの患者様の診療に携わって参りました。地域に密着したかたちで、皆様の健康管理にお役に立てるよう、尽くして参りたいと存じます。 健診で指摘されたわずかな異常など、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

院長 侯 ⾦成(こう きんせい)

略歴

高雄医学大学医学部 卒業
慶應義塾大学病院 臨床研修医
慶應義塾大学病院 医学部内科学教室 内科専修医
慶應義塾大学病院 医学部腎臓内分泌代謝内科 助教
・臨床診療:腎臓内分泌代謝内科
・糖尿病の研究:臨床糖尿病学・Islet studyグループ
平塚市民病院 腎臓内分泌代謝内科 医長
こう内科・糖尿病クリニック 開設

資格・所属学会

  • 【資格】
  • 日本糖尿病学会認定専門医・指導医
  • 日本高血圧学会認定専門医・指導医
  • 神奈川県難病指定医(内分泌代謝内科)
  • 日本内科学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 臨床研修指導医
  • 【所属学会】
  • 日本糖尿病学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本内科学会

専門分野

糖尿病、生活習慣病(高血圧、脂質異常症、高尿酸血症、肥満症)、甲状腺・内分泌疾患

医師 黒岩 信子

当院は、内科、消化器内科、放射線科の医療スペシャルアドバイザーを非常勤医師に招き、医療の技術向上を目指しております。糖尿病などの専門性を活かしながら、健康についての心配事を幅広く対応し、よりよい医療をご提供したいと思っております。

医師黒岩 信子

資格

日本内科学会認定医
日本消化器病学会認定専門医
日本医学放射線学会認定放射線科専門医
日本放射線腫瘍学会認定放射線治療専門医
日本がん治療認定医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会

専門分野

一般内科、消化器内科、放射線治療

業績

【活動】2020年10月現在

神奈川県糖尿病協会 湘友会(糖尿病友の会) 担当医師 平塚市中央公民館 市民大学講座 講師 平塚歯科医師会 市民公開講座 講師 平塚市立神田公民館 神田イキイキ健康講座 講師 湘南足を学ぶ会 世話人 湘南糖尿病懇話会 幹事

【論文】

1. Efficacy and safety of once-weekly exenatide after switching from twice-daily exenatide in patients with type 2 diabetes. Watanabe Y et al. Journal of Diabetes Investigation. 2020;11(2):382-8. 2. Pancreas fat and βcell mass in humans with and without diabetes: An analysis in the Japanese population. Murakami R et al. J Clin Endocrinol Metab. 2017;102(9):3251-60. 3. Effects of obesity and diabetes on alpha and beta cell mass in surgically resected human pancreas. Inaishi J et al. J Clin Endocrinol Metab. 2016;101(7):2874-82. 4. Effects of Glucocorticoid Treatment on β- and α-Cell Mass in Japanese Adults With and Without Diabetes. Sato S et al. Diabetes. 2015;64(8):2915-27. 5. Efficacy and Safety of Sitagliptin Added to Insulin in Japanese Patients with Type 2 Diabetes: The EDIT Randomized Trial. Sato S et al. PLoS One. 2015;10(3):e0121988. 6. Relationship between Body Mass Index and Pancreas Volume in Japanese People. Kou K et al. Journal of the Pancreas. 2014;15(6):626-7. 7. Islet Number Rather Than Islet Size Is a Major Determinant of β- and α-Cell Mass in Humans. Kou K et al. J Clin Endocrinol Metab. 2014;99(5):1733-40. 8. Factors associated with glycemic variability in Japanese patients with diabetes. Tanaka C et al. Diabetology International. 2014;5(1):36-42. 9. Change in beta cell mass in Japanese non-diabetic obese individuals. Kou K et al. J Clin Endocrinol Metab. 2013;98(9):3724-30. 10. Association between beta cell function and future glycemic control in patients with type 2 diabetes. Saisho Y et al. Endocr J. 2013;60(4):517-23. 11. Postprandial serum C-peptide to plasma glucose ratio predicts future insulin therapy in Japanese patients with type 2 diabetes. Saisho Y et al. Acta Diabetol. 2013;50:987–8. 12. Postprandial serum C-peptide to plasma glucose ratio as a predictor of subsequent insulin treatment in patients with type 2 diabetes. Saisho Y et al. Endocrine Journal. 2011;58(4),315-22. 13. Dissection of the Superior Mesenteric Artery which Required Resection of a Large Amount of the Small Intestine and the Colon: A Case Report. Kobayashi N et al. Med J. 2009;59:357-60.

【学会発表】

2020年 ・妊娠中の明らかな糖尿病(ODP)と診断され、経過中にインスリン依存となったSPIDDMの1例(第57回日本糖尿病学会地方会、共同演者) ・抗IA-2抗体単独陽性で感受性と抵抗性のハプロタイプを認めた高齢発症1型糖尿病の一例(第57回日本糖尿病学会地方会、共同演者) 他、第657回日本内科学会地方会で発表あり
2019年 ・電子顕微鏡で糖尿病性腎症と診断された境界型糖尿病の一例(第56回日本糖尿病学会地方会、共同演者) ・産後半年でDKAを発症した自己抗体陰性の急性発症1型糖尿病の一例(第29回日本内分泌学会Update、共同演者) ・緩徐進行1型糖尿病を合併しHbA1c偽性低値を呈した天疱瘡の一例(第29回日本内分泌学会Update、共同演者) ・悪性高血圧に合併し MRIにて大脳白質および脳幹に広範な病変を呈した2症例(第42回日本高血圧学会総会、共同演者) ・バセドウ病術後から約50年経過後に甲状腺機能低下症及び副甲状腺機能低下症を発症した一例(第62回日本甲状腺学会学術集会、共同演者) 他、第92回日本内分泌学会学術総会、第650回日本内科学会地方会、第19回日本抗加齢医学会総会で発表あり
2018年 ・持続性エキセナチドにおける隔週と週一投与の比較検討(第61回日本糖尿病学会年次学術集会、筆頭演者) ・エキセナチド1日2回製剤から週1回製剤への切替えの有効性及び安全性についての検討:Twinーexenatide試験第1報(第61回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・1型糖尿病の疾患感受性及び抵抗性のHLAを併せ持つ多腺性自己免疫症候群3型の2例(第55回日本糖尿病学会地方会、共同演者 ・16年経過してサブクリニカルクッシング症候群が顕在化したACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)の一例(第91回日本内分泌学会学術総会、筆頭演者) 他、第28回日本内分泌学会Update、第19回日本内分泌学会地方会、第48回日本腎臓学会学術大会、第63回日本透析医学会学術総会で発表あり
2017年 ・持続性エキセナチド隔週投与の実地臨床での有効性と安全性に関する検討(第60回日本糖尿病学会年次学術集会、筆頭演者) ・肥満、糖尿病におけるヒト膵δ、PP細胞量の変化についての検討(第60回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・ヒト膵脂肪含有量とα・β細胞量との関連についての検討(第60回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・両側感音性難聴などの臨床像からミトコンドリア糖尿病の診断に至った二例(第54回日本糖尿病学会地方会、共同演者) ・甲状腺中毒症に胸腺腫大を合併した2例(第60回甲状腺学会学術集会、共同演者) 他、第18回日本内分泌学会地方会、第62回日本透析医学会学術総会で発表あり
2016年 ・Relationship between intra-pancreatic fat content and beta and alpha cell mass in humans with and without diabetes(第52回欧州糖尿病学会会議、共同演者) ・持続性エキセナチドの隔週投与で長期間良好な臨床効果を示した高齢2型糖尿病の一例(第59回日本糖尿病学会年次学術集会、筆頭演者) ・肥満、糖尿病でのヒトα・β細胞量の変化についての検討(第59回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・ヒト膵脂肪含有量とα・β細胞量との関連についての検討(第59回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・新規不眠症治療薬であるスボレキサントは交感神経抑制を介して降圧効果を示す(第5回臨床高血圧フォーラム、共同演者) 他、第17回日本内分泌学会地方会、第26回内分泌学会Update、第59回日本甲状腺学会学術集会、第34回日本肥満症治療学会学術集会、第113回日本内科学会総会、第61回日本透析医学会学術総会で発表あり
2015年 ・Effects of obesity and diabetes on alpha and beta cell mass in surgically removed human pancreas(第50回欧州糖尿病学会会議、共同演者) ・1型糖尿病感受性ハプロタイプを呈した多腺性自己免疫症候群(APS)3型の2例(第58回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・膵摘出症例におけるβ細胞量と糖代謝指標の関連についての検討(第88回日本内分泌学会学術総会、共同演者) ・Lateralized ratio 4.0で片側腺腫摘出術後に反対側に顕在化した原発性アルドステロン症の一例(第88回日本内分泌学会学術総会、共同演者) ・ビグアナイド薬内服中に乳酸アシドーシスを来たした3例(第65回日本救急医学会地方会、共同演者) 他、第16回日本内分泌学会地方会、第24回内分泌学会Update、第112回日本内科学会総会、第45回日本腎臓学会東部学術大会、第60回日本透析医学会学術総会で発表あり
2014年 ・Effects of steroid treatment on beta cell mass in Japanese individuals with and without diabetes(第50回欧州糖尿病学会会議、共同演者) ・ステロイド投与によるヒトβ細胞量の変化についての検討(第57回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・インスリンとDPP-4阻害薬併用の有効性・安全性に関する検討(EDIT試験第3報)(第57回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・前立腺癌のホルモン療法中に血糖コントロールが増悪した1例(第23回日本内分泌学会Update、共同演者) ・甲状腺中毒症に胸腺腫大を合併した一例(第23回日本内分泌学会Update、共同演者) 他、第15回日本内分泌学会地方会、第3回臨床高血圧フォーラム、第111回日本内科学会総会、第44回日本腎臓学会東部学術大会、第59回日本透析医学会学術総会で発表あり
2013年 ・Islet number rather than islet size may be a major determinant of β–cell mass in non-diabetic humans(第49回欧州糖尿病学会会議、筆頭演者) ・ヒトにおいてβ細胞量は膵島サイズではなく膵島数と相関する(第56回日本糖尿病学会年次学術集会、筆頭演者) ・インスリンとDPP-4阻害薬併用の有効性・安全性に関する検討(EDIT試験第2報)(第56回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・シタグリプチン投与後半年間のHbA1c、BMI、血圧の変化量の検証(第56回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・糖尿病臨床データベースの構築(第56回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) 他、第50回日本糖尿病学会地方会、第14回日本内分泌学会地方会で発表あり
2012年 ・Change in β-cell and α-cell mass in Japanese obese individuals(第48回欧州糖尿病学会会議、筆頭演者) ・日本人肥満者におけるα・β細胞量と膵島リモデリングに関する検討(第55回日本糖尿病学会年次学術集会、筆頭演者) ・日本人非糖尿病肥満者におけるβ細胞量の変化についての検討(第4回臨床医学研究塾、Clinical Investigator Award 2013、筆頭演者) ・インスリンとDPP-4阻害薬併用の有効性・安全性に関する検討(EDIT試験第1報)(第55回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・DPP-IV阻害薬Sitagliptinの6ヵ月間投与の効果(第55回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) 他、第85回日本内分泌学会学術総会、第27回日本糖尿病合併症学会で発表あり
2011年 ・Does beta cell mass adaptively increase in response to obesity in Japanese population?(第71回米国糖尿病学会年次学術会議、筆頭演者) ・日本人肥満者でβ細胞量は増加しているか?(第54回日本糖尿病学会年次学術集会、筆頭演者) ・当院でのDPP-IV阻害薬の使用経験(第54回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・2型糖尿病におけるインスリン療法導入の予測因子に関する検討(第54回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・当院でのLiraglutide(Lir)の使用経験(第54回日本糖尿病学会年次学術集会、共同演者) ・長期間2型糖尿病として治療されていた孤発性ミトコンドリア糖尿病の一例(第48回日本糖尿病学会地方会、筆頭演者) ・両側副腎腫瘤を有する副腎皮質機能低下症の一例(第20回日本内分泌学会Update、共同演者)
2010年 ・2型糖尿病におけるインスリン療法導入の予測因子に関する検討(第10回日本先進糖尿病治療研究会、筆頭演者) ・頻回に再発した線維筋性過形成による両側腎血管性高血圧の一例(第9回日本内分泌学会地方会、筆頭演者) ・CKDの発症からシェーグレン症候群と診断に至った一例(第39回日本腎臓学会東部学術大会、筆頭演者) ・頻回に再発した線維筋性異形成による両側腎血管性高血圧の一例(第39回日本腎臓学会東部学術大会、筆頭演者)
2009年 ・頻回に再発した線維筋性過形成による両側腎血管性高血圧の一例(第9回日本内分泌学会地方会、筆頭演者) ・CKDの発症からシェーグレン症候群と診断に至った一例(第39回日本腎臓学会東部学術大会、筆頭演者) ・頻回に再発した線維筋性異形成による両側腎血管性高血圧の一例(第39回日本腎臓学会東部学術大会、筆頭演者)

【その他】

・日本人肥満者におけるβ細胞障害とその機序の解明(大和証券ヘルス財団研究業績集36号P45-50、2013年) ・臨床ノート 症例から学ぶピットフォール 長期間2型糖尿病として治療されていたミトコンドリア糖尿病の1例(内科108(1)145-7、2011年)